« 詰パラ1978年8月号(通巻270号)の感想 | トップページ | 詰パラ1978年9月号(通巻271号) »

2008年3月25日 (火)

詰将棋マラソン雑考

大相撲は2場所連続で相星決戦の勝敗予想外してしまいました。やっぱり毎日見てないと駄目ですね。

あと、将世サロン掲載の真Tさんの作品の答えを、今朝布団の中で閃きました。気付いてみれば…という所ですが、龍の位置とかよく練ってあるなぁと思いました。

で、本題。前回の記事に利波さんからコメント頂きました。

(前略)

最初は7手くらいで200~300人くらいで走り初めて、八月か九月になると、変則合の入った作品の心臓破りの坂作品があって、かなり落ちて、1年完走した達成感は素晴らしいものがありました。(といっても完走したことが無いですけど。)

 (中略) Komineさんのおっしゃるとおり、解答数が先細りする企画なので無くなったのだと思うのですが、面白い企画で何十年も続いたのも事実だったのです。毎年今年こそは完走しようと、みなチャレンジしたものです。

何か楽しそうですね。パラで復活といっても大変でしょうから、いっその事このブログでやっちゃおうかな。

ただ作品(初心者向けからペテン作まで幅広く、最低10作は欲しい?)と、景品(少なくとも完走者用)は必要でしょうか。どちらも管理人の懐具合は箸にも捧にも状態なので、賛同者が現れないと無理っぽいですが。

実現可能性はともかく、思い付きは口に出しておきましょうという事で。

もう一歩でベスト3です! →

|

« 詰パラ1978年8月号(通巻270号)の感想 | トップページ | 詰パラ1978年9月号(通巻271号) »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

はくほう有利だとみんなが思ってたので仕方ない。
朝青龍の執念が勝った。

投稿: どけちてんちょ | 2008年3月25日 (火) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011189/11771058

この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋マラソン雑考:

« 詰パラ1978年8月号(通巻270号)の感想 | トップページ | 詰パラ1978年9月号(通巻271号) »