« 詰将棋マラソン雑考 | トップページ | おやおや…。 »

2008年3月27日 (木)

詰パラ1978年9月号(通巻271号)

昨日は桂花教授の所(「毎日が記念日」)と相互リンクしました。今後とも宜しくです(^^)
で、今回はパラバックナンバーの感想第2弾です。

表紙―この月は、当時高校生の有吉(弘)さんでした。他の号も合わせてみると、この時期最も勢いのある作家の1人だったみたいですね。作者コメントの中でこんなくだりがありました。

(前略)
今の詰棋界についての不満は、短・中編に野心的構想作の好作が殆んど見られないというです。それは最近の首位作を見れば一目瞭然でしょう。打歩詰などはまだまだ開拶できる手筋が含まれていると思います。
(後略)

どうやらこの傾向は30年間大して変化が無いようで…。

大道棋機略―形幅さんのエッセイです。愚痴が多くて余り面白くない月もありますが(失礼)、この回は割と面白い内容です。長くなるので引用は控えますが。

フェアリー詰将棋研究室―担当者は門脇さん。大型新人・左さんの天竺(今のパラでは「鏡」と呼称)作品を特集しています。

読者サロン―噂には聞いてましたが、この頃のサロンは荒っぽい議論が多いですね。もうちょっと建設的な書き方もあるでしょうに。…という僕が21世紀の今になってしている議論も慎重・丁寧とは言い難い面もあるので、この点は反省が必要なようです。

詰将棋学校―作家諸氏の入選回数を見ると、中出さん72回、平井(康)さん8回など、かなり違和感のある数字が散見されます(当然か)。

3位に浮上した時間帯もあったんですが(すぐ落ちた) →

|

« 詰将棋マラソン雑考 | トップページ | おやおや…。 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

メールを差し上げようと思ったのですが、アドレスが分からなかったので当コメント欄にて失礼いたします。
一週間ほど前に私のブログに書いていただいたコメントを、ブログのスパムチェッカーが勝手にスパムコメントだとご判断して迷惑コメントフォルダに振り入れていたため、先ほどまで気づいておりませんでした。
せっかく書いていただいたのに申し訳ありません。先ほどコメントを復活させるとともに、私のホームページからリンクを張りましたので、お知らせいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

なおこのコメントはエントリの本文とは関係がありませんので、読まれたら削除していただいても結構です。

投稿: natsuo | 2008年3月28日 (金) 23時51分

相互リンク感謝です。
多分スパム扱いされたんだな~とは思っていたのですが、こちらも連絡先がわからなかったもので、放置していました(^^;)

投稿: K.Komine | 2008年3月29日 (土) 05時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011189/11849441

この記事へのトラックバック一覧です: 詰パラ1978年9月号(通巻271号):

« 詰将棋マラソン雑考 | トップページ | おやおや…。 »