« 悪戦苦闘 | トップページ | ネット発表作1~おもちゃ箱くる展(初入選) »

2008年4月22日 (火)

発表作その6~詰パラ入選5

Kifu for Java の件は、当面リンク方式で諦める事にしました。Flashだとコメントや変化手順を反映出来ないのが難点。

Para05_2

詰パラ 2007.4 第2回詰四会作品展 (入選5)
動く盤で見る(Kifu for Java使用)
結果稿完全ヴァージョンをダウンロード(PDFファイル)

詰キストをかなり乱暴に分類すると、実戦型礼賛派と軽蔑派に分けられると思いますが、僕は明らかに後者。だって既成手筋満載で解後感今一なものが多いですから。
本局は、第2回詰四会作品展(創作課題「囲い図式」)で、作品の集まりが悪いという噂を読み、過去作を改図して応募した物。手順は原図より多少はまし(元が悪過ぎただけ)になりましたが、代わりに顔が醜くなってしまったようです。
好きではない分野で完成度今一となれば、当然の帰結として愛着が薄くなる訳で、実はT永さんと共演達成を喜び合った事の方が思い出深かったり(^^;)

次回からはネット発表作に移る予定です →

|

« 悪戦苦闘 | トップページ | ネット発表作1~おもちゃ箱くる展(初入選) »

管理人創作詰将棋」カテゴリの記事

コメント

いいですねこれ。挑戦したんですが解けませんでした。
35銀と75と金もうまい配置と思います。

投稿: u-maku | 2008年4月29日 (火) 05時23分

またまた感想どうも(^^)
何しろ美濃囲いの急所に大駒4枚が利いてますから、余詰潰しが結構大変だった記憶があります。
例えば35銀を33に置くと、26馬と出る筋で詰んじゃったり。
本当は26馬の筋を紛れとして残しておくべきなんでしょうけど。

投稿: K.Komine | 2008年4月29日 (火) 06時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011189/20474866

この記事へのトラックバック一覧です: 発表作その6~詰パラ入選5:

« 悪戦苦闘 | トップページ | ネット発表作1~おもちゃ箱くる展(初入選) »