« 近将道場にて | トップページ | 発表作その3~詰パラ入選2 »

2008年4月 5日 (土)

やっくんと指す

本ブログ開設以来、初めての指将棋ネタです(笑)

昨日近将道場でやっくんと遭遇。折角なので挑戦してみました。

矢倉模様の出だしだったのですが、僕が中飛車に変化して向かえた図が↓。

20080405114924 ▲小峰(2級)対△やっくん(四段)

玉の堅さに差があり、後手指し易そうですが、まだ形勢不明だったようです。

ここで▲7二から一目散に飛成り込みをすれば、将来2四に桂香を打ち込む楽しみもあり、まだわからなかったのですが、実戦は▲5四歩△同銀▲同銀△同金▲9二と△8八歩と、逆に飛が押さえ込まれて大差になりました。対局有り難うございましたm(_ _)m

で、終局近くになって井○君も観戦に来てくれたの20080405114939で、当然話題は詰将棋の方へ。そこで出た話を幾つか再現してみると…。

☆全××会は企画も白紙状態。某教諭が何の準備をしているかも不明。(大丈夫か?)

☆多忙担当の後任が見つからない某教室は、採点と短評挿入を編集部がしているらしい。(が、結果稿を読んでもそう見えない。編集部の腕が良いんだろう 笑)

☆学校の某若手教授は、原稿提出は遅いのに(遅いから?)、採用スピードは速く、月初めに投稿したら翌月号に載った例あり。

☆詰パラ5月号にやっくんの入選回数の訂正が無い!(謝罪文は当人宛に届いたらしい。次号掲載か?)

☆↑の件は敢えて通報せず、2度目の新人賞狙う作戦も有力だった。(選考委員の中には谷川先生も居るから無理だろうけど)

☆先月のやっくん作は公約に反して2作とも解けてない。(解図力低過ぎだ…)

こんな所でしょうか。トリビアと言えるようなものはありませんでした(^^;)

一日一票お願いします! →

|

« 近将道場にて | トップページ | 発表作その3~詰パラ入選2 »

指将棋」カテゴリの記事

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011189/12302696

この記事へのトラックバック一覧です: やっくんと指す:

« 近将道場にて | トップページ | 発表作その3~詰パラ入選2 »