« ネット発表作その3~第1回プレ短コン(初登場) | トップページ | たまには棋譜でも »

2008年5月 1日 (木)

三桂小僧研究#001

以前、T永さんから詰棋本を数冊頂いた事があったのですが(あの節はどうもでした m(_ _)m)、その中に見慣れぬ作品集が混ざっていました。
その本のタイトルは「三桂の詩」(副題"三桂小僧こと岩井則幸 詰将棋遺作集"、塩沢雅夫編、詰将棋パラダイス編集部発行、1980.9)。
どうやら約半世紀前に活躍した作家さんらしいのですが、僕はこの遺作集で初めて氏の存在を知りました。世間的にも殆ど忘れ去られていると思われ、大変勿体無いので、ここで作品を紹介・研究していきたいと思い立った次第。
岩井さんは本名やペンネーム等、いろいろなクレジットを使ったようですが、"三桂小僧"名義での発表数が一番多いようなので、「三桂小僧研究」と銘打つ事にしました。
尚、この企画は「三桂の詩」が今の所唯一の情報源です。転載を許可して下さった詰パラ誌に感謝致します。また、岩井さんに関するエピソードをご存知の方がいらっしゃいましたら、是非ともご連絡下さい。

前ふりが長くなりました。「三桂の詩」に載っている逸話や、この本の編集過程については日を改めて紹介する事にします。

「三桂の詩」第1番 難易度目安flag

3ke001 作者名:岩井則幸 旧パラ 1951.6 ヨチヨチルーム
動く盤で見る

岩井さんのデビュー局。易しい5手詰なので皆さん是非解いてみて下さい。コメント大歓迎。

難易度表示の基準ですが、管理人が

flag=あっさり解いた作品
flagflag=少し悩んだが解けた作品
flagflagflag=解けなかった作品

という区分です。かなり大雑把なので各自の感覚と違ってる可能性もありますが、一応の目安として頂ければと思います。

初々しいsun捨てでした →

|

« ネット発表作その3~第1回プレ短コン(初登場) | トップページ | たまには棋譜でも »

三桂小僧研究」カテゴリの記事

コメント

三桂小僧(岩井則幸)氏の事は服部彰夫氏がチョー詳しいと思われます。何せ一時期お隣同士で一緒に旧パラを解いた仲ですから…。

投稿: 凡骨生 | 2008年5月 2日 (金) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011189/20682359

この記事へのトラックバック一覧です: 三桂小僧研究#001:

« ネット発表作その3~第1回プレ短コン(初登場) | トップページ | たまには棋譜でも »