« 三桂小僧研究#006 | トップページ | 対やっくん戦(08/05/29) »

2008年5月25日 (日)

三桂小僧研究#007

またまた久し振りの更新になってしまいました。すいません。
先ほど毎日が記念日第8回出題に解答送付しました。今回も解き易い作品で助かった。

あと大相撲夏場所は大関・琴欧洲の初Vとなったようですね。以前にも優勝しておかしくない場所がありましたが、やっと復調してくれたようで、今後に期待です。でも相変わらず相撲中継を見る頻度は下がったままで、今場所も琴欧洲対2横綱の相撲しか見てないなぁ。
相撲といえば、先場所は桂花さんが休場中(ネット界を)で、恒例の昇降予想がありませんでしたので、今回は期待してますよsign03

さて、今回の題材は短手数物です。それ程難解という訳ではないと思うので、解いてみると良いでしょう。 >ナガサワ君

「三桂の詩」第7番 難易度目安flag
3ke007

作者名:三桂小僧 旧パラ 1952.11 ヨチヨチルーム
動く盤で見る

今回は「序文」から、前回の続きの部分を転載します。(※が引用者注)

 そこで服部(※彰夫)氏に「一つあなたが編集しませんか」とすすめたところ、同氏は会社(毛織物)の経営が忙しく、時間的余裕が少ないから、(※鶴田)主幹の方で誰か適当な人を―とのこと。
 私がやってもよいが、詰パラの編集で一寸無理。そこで岩井君の思い出を執筆してくれた柴田氏に電話して依頼したところ、同氏はいま、自己の作品集に取りかかっているので余力がないとの返事(中略)
 そこで色々思案の末、新人ではあるがセンスと、何より熱意のある塩沢(※雅夫)君に白羽の矢をたてて、意向を打診したところ"やってみましょう"と快諾してくれ、ここにごらんの通りの異色の「遺作集」が出来上がったのである。
(後略)

 編者選びだけでも大変だったんですねぇ。そういえば僕もフェアリーDBの入力進めないと、花沢さんの追悼企画が進まなくなっちゃうんだなぁ。まずい…。

投票もお願いしますm(_ _)m →  

要は15銀迄の詰上りに持ち込みたい、という事で、そのためには45角の利きを貫通させるのと、16馬の飛び込みで15にスペースを作る2つの作業が必要。
基本手筋なので多分簡単だと思うのですが、僕の場合は解く前に答えが見えてしまったので、実際解いたらどれ位掛かったのかわかりません。解く側からすると、「三桂の詩」は図面のすぐ下に解答が載ってしまっているのが難点。

|

« 三桂小僧研究#006 | トップページ | 対やっくん戦(08/05/29) »

三桂小僧研究」カテゴリの記事

大相撲」カテゴリの記事

コメント

やった~解けた~(o^∇^o)ノ
今回は、簡単でしたが、、、こんなに大技が組み込まれているのに余詰めがない【?】のところがスゴイです。

投稿: ナガサワ | 2008年5月27日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011189/21162939

この記事へのトラックバック一覧です: 三桂小僧研究#007:

« 三桂小僧研究#006 | トップページ | 対やっくん戦(08/05/29) »