« 疲労 | トップページ | 近将道場チャット中(やっくん&井○君) »

2008年6月11日 (水)

三桂小僧研究#008

たくぼんさんの記事がヒントになって、本文中に動く盤を埋め込む方法がわかりました。感謝!
ってな訳で、久し振りに三桂研究をば。

「三桂の詩」第8番 難易度目安flag

今回は時間的に余裕がないので、恒例の引用は割愛させて頂きます。乞うご容赦。

投票はこちらから →  

前局までは主に詰将棋パラダイス(旧)発表作でしたが、その旧パラは店頭売りの無理がたたって、1953年6月号を以って終刊という悲劇に見舞われました(この辺りの経緯は将棋雑記旧パラ検証シリーズが参考になるでしょう)。第7番からのブランク1年余りはこれが最大の原因と思われます。
しかし詰パラは会員制で復活を遂げ、その後も試練はありながらも今日に至るわけですが、この「三桂の詩」第8番は、岩井さんが詰将棋パラダイス(新)に発表した最初の作品です。
その記念という意味だと思いますが、内容は初形が「一」で詰上りが「1」の田舎立体曲詰になっています。持駒趣向のおまけ付きですが、手順はほぼ一本道ですね。

|

« 疲労 | トップページ | 近将道場チャット中(やっくん&井○君) »

三桂小僧研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011189/21565348

この記事へのトラックバック一覧です: 三桂小僧研究#008:

« 疲労 | トップページ | 近将道場チャット中(やっくん&井○君) »