« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月22日 (日)

WFP作品展#33 出題予定の自作

たくぼんさんの多忙でWFP第35号の発行が難航しているようですので(毎月お疲れ様です)、WFP作品展#33に出題予定の自作をここに掲示しておきます。誰もここを見てない可能性もあるけど(^^;

one

Photo

two

Photo_2

【麒麟】フェアリー駒。中将棋の麒麟。斜めと1間跳んだ前後左右に利く。但し本局では麒麟は成れないという設定。※その他のルール含めて、詳しくはOnsite Fairy Mateの「ルール説明」のページをご覧下さい。

#今月の某FL出題作、もしや●●●禁利用ってオチじゃないですよね。担当者さんは何も言及してないですけど。

ご協力お願いします → 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

極光Ⅱ&WFP作品展

詰将棋おもちゃ箱の展示室で久し振りに当選した(というか解答出したのが久し振りだった)ので、「極光Ⅱ」をリクエスト。一昨日に無事届きました。TETSUさん有り難うございます。
収録作品にざっと目を通してみて・・・いやぁフェアリー駒多い(^^;
そういう自分も結構フェアリー駒は好きな方で、本日発行される筈のWFPの作品展にもフェアリー駒を使った自作が掲載される予定。レベルはともかく2年振りの新作です。

解答もクリックも宜しくですm(_ _)m → 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

JIGSAW BOX #06 作品募集

投稿状況(確定):5作(太郎さん1、小峰1、市橋さん1、七郎さん1、たくぼんさん1)

多くの方の参加を期待します。

・使 用 駒 :玉、飛、金、銀、桂、歩3の8枚。±1枚可。
・ル ー ル :詰将棋なら何でもOK
・手数/投稿数:無制限
・投稿/解答先:小峰耕希(
・投 稿 締 切 :6月12日(日)
・出    題:6月20日(月) ←WFP第36号に掲載
・解 答 締 切 :7月31日(日) ←多少遅れ可
・結 果 発 表 :8月20日(土) ←WFP第38号に掲載

※5月6日追記
重要な問題ではありませんが、当初「・結果発表:8月20日(水)」と書いてしまいましたが、これは曜日の書き換え忘れで、正しくは「・結果発表:8月20日(土)」です。

★補足事項★
one例年同様、課題駒種に1枚足し引き可の準握り詰とします。
two投稿作がPC 未検討の場合は必ずその旨明記して下さい。
three投稿や解答のメールを頂いた際には、こちらから必ず受取通知のメールを送り返します。もしメール送信後3日以上経っても音沙汰が無い場合は、本ブログかK.Komine's Boardにご連絡下さい。
fourメール整理の都合上、作品投稿の際にはメールタイトルに「JIGSAW」の文字列を組み入れて下さい。
five昨年までは募集時に「フェアリー詰将棋なら何でもOK」としていましたが、前回普通ルール作も出題してしまったので、今回からは実態に即して「フェアリー詰将棋なら何でもOK」に変更します。

例によってメールフォームを設置します。メルアドの入力が億劫な方はこちらからどうぞ。
但し相性が悪いと送信時にエラー(原因不明)が出てしまう場合があるようなので、そのときにはお手数ですが、
にメール送信お願いしますm(_ _)m

クリックお願いします♪ → 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

フェアリー話題幾つか

●詰パラ5月号にアマレン杯の使用駒が発表されてますね。普段は6月号に載ってたと思うんだけど。
ということで正式な告知は後刻改めてUPしますが、今年も例年通りにJIGSAW BOXを開催する予定です。指定駒は玉飛金銀桂歩3の8枚(±1枚可)。今回はやや少なめでしょうか。
詳細な日程はまだ決めていませんが、課題駒種が早く発表されたので、出題開始はWFP6月発行号が最有力です。その号はWFP作品展がお休みの月の筈ですから丁度良いでしょう。

●WFP作品展に2作投稿してあるのだが、後からうち1作がもっと手数が伸びる事がわかり、今朝までに1.8倍になりました(笑) WFP次号の出題時には手数が増えた方のヴァージョンで出題する事になるでしょう。
ここからもっと伸びる余地はあるのだろうか。工夫に工夫を重ねて手数が増えたのならともかく、投稿図にあった(そして結果的に手数短縮に貢献してた)「工夫」を全部そぎ落としたら却って手数が大幅増加という感じなので、これ以上となると余程の飛躍がないと無理っぽい気がする。手順も殆ど一本道っぽい。

投票お願いします! → 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »