2010年7月11日 (日)

参院選2010投票体験記

人生初の投票を済ませて参りました。
入場券を受け付けの人に渡したら、ノートパソコンの前に座っていた氏名確認係りの人が一言。「こみねゆうきさんですか?」
誰のことだよorz

ブログランキングの投票もお願いします! → 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

重箱の隅

最近何気なく、初当選から間もない某地方議員(岩手県内の人ではない)の書いた文章を読んでみたら、出馬の動機として、行政を中から変えていくために立候補を決意したのだ、という趣旨の事が書かれていた。
あの、それなら素直に町役場に就職しちゃった方が良かったのでは???

ご協力を♪ → 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

いま勉強中なのはこういうやつ↓

衆院外務委員会会議録(4月2日、密約問題に関する参考人質疑)

ずっと更新サボってても良くないのでとりあえずこれだけw

ご協力お願いします! → 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

Jó reggelt kívánok! (おはようございます)

さっきハンガリー語を入力出来るように設定したので、ブログでテストしてみる。

1日1クリックを! →

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

今日のG氏との会話

G氏: お元気ですか
小峰: szervusz! (←ハンガリー語で親しい人に使う挨拶
G氏: szia! (←同上
小峰: 元気です^^
G氏: :)
G氏: すごいですね
小峰: ついさっきまでハンガリー語勉強してました
G氏: 小峰さんがハンガリー語を勉強していることは本当にすごい:)
G氏: ところで、この前あったときには仕事ができてしまって、話はできなくなりましたが、5月28日~31日までハンガリーに大きな将棋大会がおこなわれますよ
小峰: 国内の大会ですか?国際大会ですか?
G氏: 国際ですよ
小峰: ほー
G氏: 日本からもプロ棋士がいらっしゃるかもしれません。ゲストとしてね
小峰: もしやヨーロッパ選手権?
G氏: ヨーロッパ選手権に似たようですね
G氏: 名前はヨーロッパ選手権団体戦とヨーロッパ将棋王戦というのです
小峰: ゲルゲイさんも出場予定あるんですよね
G氏: ありますけど主に私によって行われるので、それでちょっと忙しくなる可能性もあります
G氏: とにかく出たいですけどね
小峰: 運営側となると大変ですね
G氏: そうですね
G氏: でも、様子を見てできれば出ると思います
小峰: 今回僕がハンガリーに行くのは無理そうですが、いつかチャンスがめぐってくるのを待ちたいと思います
G氏: はい
G氏: 是非余裕ができたらハンガリーに来てくださいね
小峰: 人生まだ先長いですから(笑)
G氏: そうですね :)
G氏: 私の妻も将棋を指したりしますが、
小峰: ほー
G氏: 彼女も大会ででますよ
G氏: そんな強くないですけど
G氏: 6級ぐらいです
小峰: 日本でもまだまだ女性プレーヤーは少ないですからね
G氏: そうですね
G氏: でもハンガリーは将棋を指す人をみると性別はそんなにないですね
G氏: だいたいハンガリーの将棋人口は6割男性、4割女性という感じですね
小峰: 実際問題として性別関係ないゲームですからね
G氏: そのとうりですね
小峰: そういえば最近16歳の女流棋士が有望若手4段を公式戦で破って話題になってますよ
G氏: うん、聞いたことがあります
小峰: 里見さんですね勝ったのは
小峰: 負けた稲葉四段は別な対局ではA級棋士にも勝ってたんですが
G氏: そういう人に勝つなんて素晴らしいですね
小峰: 僕もちょっとびっくりしました
G氏: 話はきいたことがありますね凄いですね
小峰: 清水さんに勝って、倉敷藤花のタイトルを最近獲ったんですよね
G氏: そうですかやはり強いですね
小峰: ところで、あとお時間どれくらいありますか?
G氏: 残念ながら10分ぐらいしかありませんね
小峰: あらら^^;
G氏: 仕事仕事:)
小峰: あじゃあ1つ質問して良いでしょうか
G氏: もちろん、どうぞ
小峰: ゲルゲイさんが日本語勉強してて一番難しいと感じるのはどんな所だったのかなと思ったんですが
G氏: そうですね
G氏: たぶん、漢字の勉強が一番難しいと思います
小峰: やっぱりそうなんですね
G氏: ヨーロッパは漢字文化ではないから、なかなか身に着けるのが大変ですね (笑)
小峰: どこかで、将棋をやる上で「金」と「銀」の識別が大変だと読んだことがありましたが
G氏: そうですか
小峰: 実際どうなのかはわかりませんけれど
G氏: でも、そういうことはやはりありますね
G氏: 例えば私に将棋を教わっているいる人々には、成り駒(成り桂や成り香)の区別が難しいということをよく耳にします。
小峰: それはわかる気がしますね
G氏: 普通の人は日本語も読めないから、ある程度目がなれていないと、将棋の駒の区別も大変でしょうね
小峰: 僕なんかは逆に英語のときの癖で、sをシュじゃなくてスと読んじゃったりしますけどね
G氏: そうですか
G氏: やはり日本は漢字文化で、逆にアルファベットの読み方が難しいと思われるのもおかしくないですね
小峰: あとローマ文字イコール英語だと思っちゃってるところがあるので、英語的でない読み方が身についていないという問題があると思います
小峰: そのうち慣れると思いますが : )
G氏: あきらめないと、必ずなれますよ
G氏: 頑張ってくださいね
小峰: そろそろお仕事でしょうか
G氏: そうですね
G氏: そろそろ仕事に出ないといけませんね
小峰: ではまたお元気で
G氏: はい、小峰さんもお元気でね
G氏: それでは失礼します
小峰: szervosz! (←この挨拶実は会ったときも別れるときも使えますw
G氏: szia! (←同上w

便宜上一部編集した箇所あり。

他のハンガリー人愛棋家ともチャットしてみたいです! →

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

PlayOK.com

家族の間では最近、せっしゅう君とハンガリーのG氏はすっかり有名人。(←僕が家族に喋りまくってるだけだけど)
きっとせっしゅう家でも僕が有名人だったりするんだろうな(笑)

いきなりどうでもいい話ですいません。

さてさて今日やっとの事でG氏宛ての棋書を発送しました。本当は昨日の内に決着付ける予定だったのが、僕の確認不足もあって1日遅れました。
その際、集荷担当の職員氏が教えてくれたのですが、何でも我が町内で国際郵便の利用者が現れたのは数年振り。前回の利用者は某ホテルに観光旅行で宿泊した外国人で、本国へ何かを送るために利用したらしい。いずれかなりの珍事だった模様^^;

また今日はせっしゅう君ともども、前々回の記事でも少し触れたPlayOK.comというネットゲームサイトで遊んでました。
恥ずかしながら最近英語の勉強が疎かだったもので、先方のチャットが半分位しかわからなかったり、自分でも文法上問題ありそうだな~と思いながらチャット送ってしまったりしたのですが、「Nice to meet you!」とか「I live in Japan, How about you?」などと連発してたら、意図は向こうに通じたようで、フレンドリストに登録して貰う事が出来ました。
拙い英語ですがこれからも宜しくですm(_ _)m >ヨーロッパのD氏

そういえばPlayOK.comでは、せっ君の方にも凄いネタがあるけど、最近調子上向きみたいだから棋記で披露されるのはだいぶ先かな~?mobaq

2008/10/29追記 棋記に無事載ったようですね。

ご協力お願いします♪ →

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

手間はかけても金かけず

小峰 > 本とか資材とか手に入りにくいと聞いていますが、ハンガリーもそうなんでしょうか。
G氏 > 残念ながら、そのとうりです。日本に行くと、毎度詰め将棋の本などをいっぱい持ってきます。
小峰 > 僕の家の本棚に余り読んでない本とかあるんですけど、数冊でも提供できるかもしれません。
G氏 > そうなんですか。それはとても有難いことですが、本当に大丈夫でしょうか。
小峰 > 勿論自分で必要な本は絶対手放しません(笑)
G氏 > 笑 それはいうまでもないですね。
小峰 > ←因みに詰将棋作るのが趣味です。
G氏 > そうですか素晴らしい趣味ですね。
小峰 > 「詰将棋パラダイス」や「将棋世界」という月刊誌に何回か入選した事があります。
G氏 > あ、すごいですね。私もできるだけ、詰めパラの問題を解いていますが、詰め将棋を作ったことがほとんどないですね。

です。 >T永さん

ご協力お願いします♪ →

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

Q:ハンガリーの将棋人口は?

唐突にクイズ!
1)約5人 2)約10人 3)約20人
さて正解は? (答えは本文を読んでね)

え~、お久し振りですw 最近これといった事情も無いのに益々更新滞ってる。指将棋に時間割き過ぎなのは自明なんですが、やっぱり指しが面白くってついつい。nosmoking

で、毎日熱心に24に精を出してたのがきっかけで、最近(と言ってももう1ヶ月以上前だけど)珍しい人と対局しました。

対局が終了時(負けたので棋譜は載せません>< )、相手の方から、

G氏―Thank you very much.arigatou gozaimashita

とチャットが来たので、どこの人かと思って地域欄見たら"Hungary"ってなってるshine

(長くなりそうなので続きはたたみます)

投票お願いします♪ →

続きを読む "Q:ハンガリーの将棋人口は?"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年4月 9日 (水)

発表作その4~詰パラ入選3

今日は党首討論。国会中継好きな僕なら、本来は率先して視聴すべきなのです。が、我が県選出の某代表はいつも眠気がさすような質問しかしない上に、当代の首相と来たら万事がやる気ゼロ答弁で、とても見る気にはなれません。共産・社民・国民新辺りも出場すれば面白くなりそうなんだけどな~。
よって僕の関心事は、将棋名人戦第1局と韓国国会の総選挙に行ってしまっているのでした。
…とこんな事ばかり書いてるから"辛口"って言われちゃうんでしょうね。

ではでは気を取り直して(誰が?)自作整理企画第4弾!

Para03詰パラ 2006.12 短編コンクール (入選3)
KIFファイルをダウンロード
全短評(TXT)をダウンロード

詰パラの短コン(この年の課題手数は9手)に出品した作品。
ただでさえ重苦しい初形なのに、詰上りでは更に盤上の駒が増え、おまけに収束には変長と言われても仕方のない無駄合処理があり、解答者諸氏の評に「不思議」(←おそらく褒め様が無かった)というフレーズが連発される有様。
我ながらこれでよく17位に入れたものだと思いますが(でも18位の飛び賞欲しかった 笑)、どうやら主眼の角捨てと冒頭の伏線が評価して貰えたようで、狙いが伝わったという意味では自分なりに一定成功したかなと思っています。
また、意外と難解作だったようで、23名もの無解者が出てしまいました。創作時に罠を仕掛けてやろうと考えた記憶は無いのですが、ここまでのパラ入選3作はいずれもやや多目の転倒者が出てしまっています。不思議だ。
ところで、解説役の冬眠蛙さんのご配慮で、解答者からの短評を全て転送して頂いていましたので、各氏のお名前の一部を伏せた上でここに収録させて頂きます。ご了承下さいm(_ _)m

清きワンクリックをお願いします! →

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

久し振りの栃乃花

昨日の大相撲中継の向正面解説は、元栃乃花の二十山親方でした。同郷なので応援していた力士ですが、これからは指導者そして解説者として相撲ファンを楽しませて欲しい所です。

昨日は正面解説が舞の海だった事もあって、個人的にはなかなか面白い放送だったと思うのですが、他の方はどう感じたんでしょうね。

ただ、国会中継のあおりを食って、幕内後半しか地上波で見れなかったのが残念でした。国会中継自体は見るの好きですが、ちゃんと2週間前から参院予算委でも審議しろという話です。腹いせに衆参と国会会議録検索システムをマイリストに追加してやりました(爆)

今日は他に詰将棋関係のマイリストも設置。これで一段落した感じなので、あとは先方に連絡とって相互リンクして貰えば完璧でしょうか。

それ以外の方も相互リンク大歓迎ですので、ご希望の方は連絡下さい♪

いきなり桂花教授とやっくんを抜いてしまいました! →

| | コメント (0) | トラックバック (0)