2008年4月29日 (火)

ネット発表作その3~第1回プレ短コン(初登場)

九G別館#15に一昨日解答出しました。1年振りの全解達成です♪

あと、昨日我が家にもパラ5月号が届いたのですが、某コーナーにメールで出したはずの解答成績が反映されていません。現在編集部に問い合わせ中ですが、どうなりますか…。保育園で全短評載ったのはちょっと嬉しい。

Pre01

冬眠蛙の冬眠日記 第1回プレ短編コンクール 2006.9 (初登場)
動く盤で見る(Kifu for Java 使用)
「第1回プレ短編コンクール 完全版」(PDF、874KB)をダウンロード by Urakabeさん

第1回プレ短コンに出品した作(この年は7手コン)。蛙さんの配慮(?)でトリに起用して頂きましたが、如何せん駒数多過ぎ&収束が最低なので、成績は振るいませんでした。
「完全版」には、開催までの経緯や結果稿(全短評含)がある他、最後の方には本局に対する橘さんの改作案も収録されていますので、興味のある方はどうぞ。

さて、これで僕の伝統ルールでの既発表作は出尽くしました(早っ)。
次からは自作フェアリーの整理と某大先輩作家の作品紹介企画を交互にやって行こうかなぁと思ってます。

今日も宜しくです →

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

ネット発表作2~おもちゃ箱くる展(入選2)

JEWEL BOX #05に2作投稿済ませました。期限内に出来たら更に送りますが。マニアックなルールではありますが、出題になった際は皆さん解答宜しくですm(_ _)m

21

詰将棋おもちゃ箱 2005.10 くるくる展示室№21 (入選2)
動く盤で見る&解説・短評を読む (by 詰将棋おもちゃ箱)

前回に続いてくる展出品作。こちらは投稿図そのままです。
全手順歩突きを目指して創作する内に、自然と初形歩横一列→詰上り歩斜め一列の構成になりました。
北村研一作「槍襖」とは別手順になったので大丈夫かと思ったら、七條さんの作品に超類似作(早詰有り)が発見されたり(やっぱ普通詰は厳しいheart03)、ルールを衝立詰に変えても成立していると指摘が来たり(この手数では異例の快挙sign02)しました。(詳しくは解説稿をどうぞ)

次は九G別館#15に解答出さねば →

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

ネット発表作1~おもちゃ箱くる展(初入選)

あじゃ盤で井○君と名人戦談義をしながら記事を書いていますw

16

詰将棋おもちゃ箱 2005.8 くるくる展示室№16 (初入選)
動く盤で見る&解説・短評を読む (by 詰将棋おもちゃ箱)

僕のネット発表第1作は、おもちゃ箱のくる展(=易しい趣向作品専門の展示スペース)にて出題された本局。
投稿図はもっと配置枚数が多く、手順も無駄な部分が多く且つ不規則だったのですが、TETSUさんの改良ですっきりした繰り返し手順が実現しました。
朝練の会で親しくなったネット棋友・ひろ君からコメントを貰ったのも良い思い出です。

彼は今どうしてるんだろう →

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

発表作その6~詰パラ入選5

Kifu for Java の件は、当面リンク方式で諦める事にしました。Flashだとコメントや変化手順を反映出来ないのが難点。

Para05_2

詰パラ 2007.4 第2回詰四会作品展 (入選5)
動く盤で見る(Kifu for Java使用)
結果稿完全ヴァージョンをダウンロード(PDFファイル)

詰キストをかなり乱暴に分類すると、実戦型礼賛派と軽蔑派に分けられると思いますが、僕は明らかに後者。だって既成手筋満載で解後感今一なものが多いですから。
本局は、第2回詰四会作品展(創作課題「囲い図式」)で、作品の集まりが悪いという噂を読み、過去作を改図して応募した物。手順は原図より多少はまし(元が悪過ぎただけ)になりましたが、代わりに顔が醜くなってしまったようです。
好きではない分野で完成度今一となれば、当然の帰結として愛着が薄くなる訳で、実はT永さんと共演達成を喜び合った事の方が思い出深かったり(^^;)

次回からはネット発表作に移る予定です →

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

発表作その5~詰パラ入選4

自作を掲載するとアクセス数が低落するので、柄にもなく悩んでいたのですが、T永さんのような熱烈な読者も出現した事ですし、従来通りの路線で問題ないという結論に達しました(笑)
尚、某氏からは「井○君ネタをお願い」と言われたのですが、流石に昨日の雑談から書ける事といったら、彼は名人戦を熱心に見過ぎたせいで生活リズムが更に良くなり、17時頃に健康的な朝ご飯をしっかり食べているらしいという程度ですねぇ。


Para04 詰パラ 2007.1 大道棋教室 (入選4)
KIFファイルをダウンロード
短評集(TXT)をダウンロード(←結果稿では不採用になった短評です)

初めて作った大道棋(のようなもの)。実は「詰将棋おもちゃ箱」で出題されたあっちゃんの金問題衝撃作が創作動機で、自分でも何か変わった筋を発掘出来ないかな~と考えてみた結果がこれ。
調子に乗ってあっちゃんに送り付けたら意外と好評で、正月用客寄せに使ってもらえる事になったのでした。
当然の如くあの人から「大道棋の形をした普通詰将棋にしか思えません。」と酷評されてしまいました。解説者の方針に合わなかったようでパラには載りませんでしたが、作者自身もそう感じていますし、僕としてはこれが最優秀長評と思っていますので、感謝と共にここに収録させて頂きます。

無駄と知りつつ投票依頼 m(_ _)m →

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

発表作その4~詰パラ入選3

今日は党首討論。国会中継好きな僕なら、本来は率先して視聴すべきなのです。が、我が県選出の某代表はいつも眠気がさすような質問しかしない上に、当代の首相と来たら万事がやる気ゼロ答弁で、とても見る気にはなれません。共産・社民・国民新辺りも出場すれば面白くなりそうなんだけどな~。
よって僕の関心事は、将棋名人戦第1局と韓国国会の総選挙に行ってしまっているのでした。
…とこんな事ばかり書いてるから"辛口"って言われちゃうんでしょうね。

ではでは気を取り直して(誰が?)自作整理企画第4弾!

Para03詰パラ 2006.12 短編コンクール (入選3)
KIFファイルをダウンロード
全短評(TXT)をダウンロード

詰パラの短コン(この年の課題手数は9手)に出品した作品。
ただでさえ重苦しい初形なのに、詰上りでは更に盤上の駒が増え、おまけに収束には変長と言われても仕方のない無駄合処理があり、解答者諸氏の評に「不思議」(←おそらく褒め様が無かった)というフレーズが連発される有様。
我ながらこれでよく17位に入れたものだと思いますが(でも18位の飛び賞欲しかった 笑)、どうやら主眼の角捨てと冒頭の伏線が評価して貰えたようで、狙いが伝わったという意味では自分なりに一定成功したかなと思っています。
また、意外と難解作だったようで、23名もの無解者が出てしまいました。創作時に罠を仕掛けてやろうと考えた記憶は無いのですが、ここまでのパラ入選3作はいずれもやや多目の転倒者が出てしまっています。不思議だ。
ところで、解説役の冬眠蛙さんのご配慮で、解答者からの短評を全て転送して頂いていましたので、各氏のお名前の一部を伏せた上でここに収録させて頂きます。ご了承下さいm(_ _)m

清きワンクリックをお願いします! →

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

発表作その3~詰パラ入選2

自作整理企画第3弾。いよいよ配置が僕らしくなって来ます(^^;)
Para02

詰将棋パラダイス 2006.11 詰将棋デパート (入選2)
KIFファイルをダウンロード

大駒は、動きは大きく使い方は粗末、という詰将棋が好きなのです。というか、指将棋でもそれやって自滅する事があります(笑)

配置の広がり具合が半端じゃないですが、何しろ飛角4枚とも攻方に配分していますので、龍を近付けると簡単に余詰みます。おまけに狙いが狙いなので、守備駒が37や46に利くと即不詰という制約の中では、これ以上使用駒数を減らす方策が発見出来ませんでした。

創作後間もなく将世サロンに投稿したのですが、この顔で浦野先生に採って貰える筈も無く、落選。詰パラ会員になってからデパートに再投稿し、やっと陽の目を見た作品でもあります。

尚、某強豪解答者からは「18禁の衝撃作」という有り難い評を頂きましたが、創作開始時に僕はまだ14才だったので、読んだ瞬間ちょっと困ってしまいました(爆)

順位が急落してます(T_T) →

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

発表作その2~詰パラ初入選

ちょっと間が空いてしまいましたが、自作整理企画第2弾です。
Para01 詰将棋パラダイス 2006.07 ヤング・デ・詰将棋 (初入選)
KIFファイルをダウンロード


創作時期は将世初入選作より前なのですが、出来が出来なので狭き門の詰将棋サロンにはとても出せずにいた物。

ヤン詰の課題「貧乏図式」(非マニア向けに説明すると、初形で盤上にも攻方持駒にも金銀が無い作品の事です)に便乗してパラ初登場は果たしたものの、いくらなんでも平均点2.2超えは無理だろうと思っていたのですが、結局幸か不幸か入選してしまいました。
偶然作意と同手数の偽作意が存在していたのも幸運でしたが、これは創作時全く視野に無く、投稿前の再検討時に初めて気が付いたような次第。

今日も投票お願いしますm(_ _)m →

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

発表作その1~将世初入選

不精なもので、実は自作詰将棋の整理が出来ていません。

紙媒体に発表したものならまだしも、このままではネット発表作が散逸する恐れがあるので、今回のブログ立ち上げを機会にここにまとめてみたいと思う。(というか、これがブログ開設の主眼だったりする 泣)

という訳で、まずShose01は僕のデビュー作をば↓。

将棋世界 2005.04 (初入選)

KIFファイルをダウンロード

※「将棋世界」誌より解説文等の転載許可を頂きました。有り難うございますm(_ _)m


原図(お粗末なので図面省略)はもっと駒数が少ない代りに収束がとろく、1度の返送を経て生れたのがこの図。丁度初入選特集の直前に投稿した事もあり、めでたく作家デビューと相成りました。

今日もワンクリックお願いしますm(_ _)m →

| | コメント (5) | トラックバック (0)